あるねっと徒然草

コロナウィルスと不動産

コロナウィルスで国全体が今揺れています。多分国民の誰もが経験したことのない国難といっても過言でない状況になっています。
疫病というものは、天然痘やコレラなど人類の歴史上必ず事例としてはあるのですが、この医療も発達した現代では、これほど世界的に大流行したのは稀にみる出来事だと言えます。いつ収束するか分からない事案で、何とか踏ん張っている医療関連の皆さんには敬意を表します。ありがとうございます。
さて、件名にもあります通り、不動産に関してのことなんですが・・・。
まず、今回の件では私が思うに色々な不況原因がありますが、すべからくの国民が不況に陥ったわけでは現状ないと思います。飲食店などは3密と避けるために自粛ということで客足が減り殆どすべての店が売り上げダウンしています。いつもなら年度替わりで外食産業が潤う時期にこんなことになり、またGWの期間まで食い込んで苦しい時間が長く長く終わりなく続いています。国の支援の第1弾が本日から始まっていますが、サーバーダウンでつながりにくい状況です。世の中進歩したなぁと思っていても非常時にはこんなレベルなんだなと思いました。私も管理しているところから2、3件相談を受けていますが、大家もどうしていいか分からないと思います。施策と現場のギャップが大きいので・・・。批判する訳ではないですが、現実味を帯びた支援策を今後期待したいです。
不動産業自体どうなんだ?ですが、2~4月は繁忙期をいうもので人が一番動く時期だと思います。しかし、3月の前半位までは若干甘くとらえていましたので動きはありました。が、3月の後半にもなるとピタッと止まりました。結局は繁忙期も実際のところ1/3位なんでしょうか。特にウチは法人の転勤がメインになりますので飲食程長期ではないですが、これから先のことは不安です。
金融機関もコロナ融資が優先されていますので、収益物件や住宅ローンなどの審査が後回しになっているとういう報道や記事もよく見ます。

富山の場合 人が過密になる所はあまりないので、結構人出歩いています。(困)

まだまだ、辛抱の時が続きますが、皆様も頑張ってこの難局を乗り越えていましょう。
  1. 2020/05/01(金) 14:46:08|
  2. 不動産のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1