あるねっと徒然草

パワハラ

河野太郎、平井卓也、西村康稔、茂木敏充の“自民党パワハラ四天王”はどこへ向かうのか

文春の記事です。偉い人達のパワハラ語録です。

最近はパワハラ、セクハラ、モラハラなどハラスメントに厳しくなってきているんですが・・・。

自分、セクハラはともかくパワハラなんて昔いた会社では日常的に受けてましたが。罵声・罵倒・社内イジメなんか横行してました。そういう時代だと言われればそれまでですが、ある程度叱られないと、「なぜ自分がこういう目にあうのか」ということも考える力も育まれないと思いますけどね。今は社会全体がする方が悪、という風潮ありますけど、される方も原因作ってる場合もありますから、こういう記事も危険かなとも思います。多分、若い世代の方は苦労すると思いますよ。今でさえ、諸外国には置き去りにされ、本当に日本は先進国なのかと疑うこともあるのだから。

「お前頭わるいな」とか「日本語判るやつ連れて来いよ」とかは言ってる方が悔し紛れに言ってる感がするんですけど、ほんとのパワハラってのは「靴をなめろ」とか「そこから飛び降りろ」とかのレベルかと。そういうレベルだと一緒に仕事する価値はないです。大抵そういう経営者や上司はどちらかというと洗脳系の支配をしてくるでしょうから人格まで変わってしまいます。
入社する前までは大人しい感じのいい子が、訪問販売系の会社に入って、退社するころには前の面影がまったくないクズに変わっていたのを見たことがあります。まぁ我慢して頑張ったのでしょうが、気づくのが遅かったです。強くなったと勘違いしているかもしれませんがKYになっただけです。または経営者に都合のよい人間に変わったといってもいいかも。

要は芯のない人は変化しやすい、良くも悪くも変わるということです。

まぁ。みんな自分をよく見せることに精一杯の努力をしてますけど。特にFaceBookだと自慢かね?というような内容ばっかり。ご勝手にどうぞな感じになってきたので見るのも止めました。裏側知ってるから。Twitterは怒りの投稿が多いですけど、コッチもどっこいどっこい。ここで好き勝手書いてる方がいいです。
  1. 2021/09/06(月) 16:44:16|
  2. 馬耳東風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arunet2882.blog.fc2.com/tb.php/141-97e3964d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)