あるねっと徒然草

久々に投稿です(前半)

久々の投稿です。どれ位放置していたんでしょう。書くネタが無いわけではありませんが、なんとなくそのままにしていました。今週(10/15-21)は出張・行事と盛りだくさんでハッキリいって仕事になりません。スケジュールは、

10/17 大東建託㈱業者会 東京品川

10/19 全日本不動産協会 全国大会 島根県大会

10/21 富山東ライオンズクラブ FWTバーベキュー

とりあえず上の2つは終わりました。

東京は北陸新幹線のおかげで日帰り出張が難なくできる状態ですので日中の拘束時間だけですね。

問題は島根県です。いろいろ行き方を検討しましたが、行くことが決まった時点で飛行機にチケットはとれない状況でした。全国から人が集まるので仕方無いと思いますし、料金が片道で3万円以上するのでこれは無理だと。
次に検討したのは電車です。行程は 富山-金沢-京都-岡山-松江 といった具合に乗り継いでいくのが王道です。北陸新幹線-サンダーバード-山陽新幹線-特急いずも です。乗りづぎをスムーズにすると大体7時間くらいです。この方法だと前日の17日に前乗りして宿泊、大会に参加して宿泊、翌日、逆の行程で帰る、という風になります。普通に旅行です。3日間は空けれない・・・
次に考えたのは京都か大阪まで行って高速バスで向かう。これは料金的には市場安いのですが、同じように時間がかかります。
最終的には17日の午前中まで仕事をして、午後1時位から車で向かい、1泊して次の日大会途中で早退して帰路につくという行程でした。具体的には北陸自動車道で敦賀までいき、そこから舞鶴若狭自動車を経て中国道、山陰道をひた走るというものです。大体600kmあります。時間にして7時間ほどです。休憩は考慮していません。事故にリスクが一番高いのですが、20日の朝富山にいることが出来るのはこの方法しかありません。
実際いってみると思った以上に遠く感じました。舞鶴若狭自動車道と中国道は一部対面通行となっているので極端に遅い車がいるとそれだけでどんどん到着が遅くなります。レジャーで楽しみながら行くのとは大違いで必死ですから気持ちに余裕もありません。そして一番厄介だったのは雨です。行きは岡山あたりから雨で視界が悪く、暗くなってきていますのでどんどんテンションが下がっていきます。結局行きは到着したのは夜の8時30分位でした。コンディション等を考えるとまずますです。

次の日は大会開始が午後1時30分なので、とりあえず会場近くまで移動して、国宝の松江城あたりを散策してみました。松江は宍道湖のほとりの街で松江城の周りは整備されていると感じました。我が富山市でも大手町というお城の近くでは綺麗になっていますが、それよりも立派に感じました。所変わればなんでなんともいえませんが時間があればもっと散策したい街だと感じました。
松江城は広さはあまりありませんが立派でした。何枚か写真をとりましたので、どうぞ。
IMG_20171019_104956799_R.jpg
IMG_20171019_104435448_R.jpg
IMG_20171019_105657267_R.jpg
松江城の天守、堀尾吉晴公像、城山稲荷神社です。
長くなりましたので、続きは後半で。
  1. 2017/10/20(金) 13:29:05|
  2. 行ってきました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arunet2882.blog.fc2.com/tb.php/58-b7433bd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)