あるねっと徒然草

富山東ライオンズクラブ 1,000回例会

昨日、2021年6月9日 所属してます「富山東ライオンズクラブ」の1,000回例会がありました。月2回年間で24回例会をしておりますので41年と半年掛かって到達したのですが、4名いる設立メンバーのお蔭だと感謝しております。
ちなみに私は丸6年在籍しているのですが 計算すると144回ほどの例会になります。
ライオンズクラブは奉仕の団体なんですが、年会費が高めであったり、格式を重んじる傾向があるので敷居が高い印象があると思います。実際 今年度幹事をしておりまして、この「コロナ禍」の中、出来る限りの工夫をして、例会やアクティビティ(実際の奉仕活動)をしてきたつもりですが、メンバーには色んな人がいるのでご不満に思われている方もいるかもしれません。前に 亡き妻に「ライオンズなんて自己顕示欲に強い人たちの集まりなんだから、あなたには向いてないよ」と言われたことがあります。基本的には企業の経営者ばかりなので、企業規模が大きい小さいは別にしてそういう傾向が強いのは事実です。そして奉仕活動も昔は団体で大きいことをすることで存在感をアピールできましたが、今はインターネットでの募金や地道に活動している方も増え、ライオンズクラブの存在意義は何かを再確認して時代に合った活動をしていかないといけない時期に来ていると思います。
「伝統」は大事です。しかし、それ以上に世の中の情報伝達のスピードや価値観の変化があるのは事実で、それを認めた上で新たなことにチャレンジしていくことが必要となってきています。
つまり、私たちは変革期の真っただ中にいて、それを変えていけるかいけないかは、今の自分達なんだということです。

一番先に必要なことは、「自分」がいい意味で変わることなんだと思ってます。
  1. 2021/06/10(木) 11:19:08|
  2. 馬耳東風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arunet2882.blog.fc2.com/tb.php/84-f5365473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)