あるねっと徒然草

お問い合わせで思ったこと

最近、アットホーム・CHINTAI・SUUMOからのお問い合わせでメール問い合わせを頂いてもメールアドレスが違っていて返信できないということが多発しております。こういったポータルサイトを利用されている方は複数件の物件のお問い合わせを同時にしている方が多いと思いますが、問い合わせしても自分がどの物件を問い合わせたかも分からなくなっている方も、たまにいらっしゃいます。

これたけ不発が多いと、仕組み自体に問題があるのかと。

昔、国民的浪曲師・歌手の方が「お客様は神様です」といったフレーズを流行させましたが、婉曲した理解をされて、被提供者は神で提供者は下僕だと思っている人もいます。(店員に土下座させたとか、日常の人間関係ではありえんでしょ)逆に過剰に舐められまいとして威圧的な態度をとる店員もいます。後ろで並んでいる人がいるのにおしゃべりをしているスーパーのレジ打ちとか、全体のことを考えてないんでしょうなぁ。なんか質問あるんのだったらサービスカウンターでと言えばいいだけなのに。

上記の例はサービス以前の人としての資質を疑うものです。

自分に言わせればお客様も人、こちらも人です。サービスを提供する限りはそのサービスを満足できるようにすることを心がけますが、ファミレスで一流レストランと同じサービスが受けれないように、それに応じたものになると思います。また、何をもってサービスというのかが最近はゴチャゴチャになっていてる気もします。

人は自分の鏡です。反面教師にさせて戴いたと感謝の心で接していきましょう。
  1. 2021/06/22(火) 12:47:21|
  2. 馬耳東風
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arunet2882.blog.fc2.com/tb.php/89-2529d28f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)